人探し探偵なび TOP » 家出人調査 » 家出調査の依頼は年々増えている

家出調査の依頼は年々増えている

p-8家出調査の相談や依頼が年々増加している理由としては、パソコンや携帯電話の普及等によって、出会いの機会が増加してきた事、平成19年4月より「年金分割制度」が施行されたことにより
有利な条件での離婚(熟年離婚)を希望される方が多い事、「探偵会社」に対する認知度も高まってきた事などが挙げられると思います。
 
探偵会社に依頼する人が増えているようです。一番多い案件はやはり浮気調査です。
浮気調査の次に多いのは人探しです。
 
日本の年間行方不明者数は、10万人を超えると言われています。その中で警察に「捜索願」が提出された行方不明者の方の人数は、年間78,668人と発表されています。
その中にはプチ家出ですぐに帰ってくる中高生も含まれていますが、
何年も行方がわからない人は年間に相当な数に上るというデータがあります。しかもこれからも増えていくとも言われています。
そのような背景もあり、人探しの依頼も増えているのが現状です。
 
探偵会社に来るお客さんは老若男女さまざまです。様々な問題やトラブルを経験している探偵がいる会社では、その問題に合った、ふさわしい調査方法を教えてくれます。
優良な探偵会社であれば難しい案件は難しいと伝えますし、不可能なことは不可能と言います。
逆に評判が悪い探偵会社だと現実的に調査するのが難しい案件でも何でも引き受けて、
いい加減な調査報告書を提出する会社も
あるらしいので気をつけましょう。

このページの先頭へ